1. ホーム
  2. 下肢静脈瘤手術案内

下肢静脈瘤手術案内

下肢静脈瘤手術

当院では下肢静脈瘤にお悩みの方々に安心して治療に向かえられるよう、専門医によって一人一人の状態に対応できる技術を揃っております。

手術名 方法
血管内塞栓術 接着剤で血管を閉塞
レーザー手術 熱で変性し、閉塞
ラジオ波カテーテル
抜去術 摘出する
硬化療法 極小血管を硬化剤で閉塞

血管を接着材でふさぐ「血管内塞栓術」

最新治療!!!和歌山で唯一実施可能施設!!!

2019年12月から保険収載となり、下肢静脈瘤の最新治療となります。

“医療用の”瞬間接接着剤を用いて病的な血管を処理する治療のことになります。血管内塞栓術治療では、下肢静脈瘤の根本原因である壊れた大伏在静脈や小伏在静脈に、カテーテルを介して血管内を瞬時に閉塞させることで病的な逆流を消滅させます。それにより血行が正常化して静脈瘤が消えていくのです。


従来の血管内焼灼術は、熱を発するので、TLA麻酔という液体を火傷防止に血管外に注入しますが、この最新治療では熱を発しないので、TLA 麻酔も不要であり、また、熱による神経の損傷のリスクもありません。そのため最も低侵襲に受けて頂ける最新の手術治療となります。


血管内レーザー焼灼術

下肢静脈瘤に対する血管内(レーザー)焼灼術とは、異常をきたした静脈を血管内からレーザーで熱変性させる治療です。先端からレーザー光を発するカテーテルを足首付近の静脈からメスで皮膚を切ることなく挿入します。そして、逆流を起こした静脈をレーザー光が発する熱で変性、閉塞させます。
麻酔は局所麻酔で行うため、術後まもなく歩行できます。

血管内焼灼術の機材は、保険認可されており、手軽に治療を受けて頂く事ができます。


高周波アブレーション(ラジオ波)カテーテル

ラジオ波(高周波)とは医療分野で広く使われている電磁波の一種で10kHzから100GHzのものをラジオ波といいます。

手術方法は、レーザーを用いた下肢静脈瘤のカテーテル治療とほぼ同じで、レーザーの代わりにラジオ波(高周波)を用いて静脈壁を焼灼する方法です。
120℃の温度で静脈壁を焼灼することで、静脈壁のコラーゲン繊維が厚く熱変性します。それにより繊維性閉塞が起きるという仕組みです。


下肢静脈瘤ストリッピング手術(抜去術)

下肢静脈瘤の根治的な治療法として古くから行われている手術です。弁不全を起こしている静脈を体外へ取り出す方法です。足の付け根や膝など皮膚を2~3cm程度切開し、弁不全を起こした表在(伏在)静脈の中に手術用ワイヤーを通して、 この血管を引き抜きます。再発率が低い治療方法です。全身麻酔や下半身麻酔、局所麻酔(TLA麻酔)で行います。この治療法はカテーテルによる静脈瘤の治療法では対応できない方などにも受けて頂くことができます。


硬化療法

硬化療法とは、硬化剤という薬剤で下肢静脈瘤を治療する方法です。治療方法は、硬化剤(ポリドカノール)を静脈瘤内に注射した後、皮膚の上から圧迫し、血管の内側を接着させて患部の静脈を閉塞させます。
完全に閉塞した静脈は徐々に小さくなり、最後には組織に吸収されます。